川上未映子

2015.10.16

多和田葉子×川上未映子、『母語の内へ、外へ──表現としての言葉の可能性』公開対談しまーす

すっかり秋で雨など降ってしんしんしますね、胸とかおでことか背中とか。さて、今日は素敵な催しのお知らせです。来る11月16日、多和田葉子さんと対談することになりました。とてもうれしい。

多和田さんと公でというか仕事でお話させていただくのはこれが2度目で、最初は2008年のことでした。多和田さんの住むベルリンまで出かけていって、多和田さんのお家であれこれお話させていただいたのだった(その内容は対談集『六つの星星』に収録されています)。そのあとはベルリン動物園へ行き(なんとまだ在りし日のクヌートを多和田さんと一緒に見たのだった!)、一日中街を散策し、オペラを観て、それから驚愕の「暗闇レストラン」へ行ったのだった。今思いだしてもめまいがするほど贅沢な時間で、あれ本当のことだったのかな……と思うほど、わたしにとっては宝物のような時間です。ドイツ滞在中につけていたノートは今読みかえしても不可思議なムードに満ちていて、多和田さんの圏内にいるということが感覚や思考に反射して、そのまま文字になってゆく興奮の記録、そのままなのだった。そして今回はデイヴィッドも一緒! 三人でいったいどんな話ができるかな。楽しみでたまりません!

 

おかげさまでぱっつぱつの満員御礼、お申し込みは締め切りとなりました!みなさまありがとうございます!

 

TawadaKawakamiIHQ

 

日時: 2015年11月16日(月) 7:00~8:30 pm
会場: 国際文化会館 講堂
対談: 多和田葉子(小説家・詩人)×川上未映子(小説家・詩人)
モデレーター: 辛島デイヴィッド(翻訳家・作家・早稲田大学講師)
用語: 日本語 (通訳なし)
会費: 1,000円 (学生:500円 会員:無料) 
定員: 100名 (要予約)
共催: 日本財団

くわしくはこちら!

とはいえ、もうすでにご予約がいっぱいになりつつあるそうなので(告知が遅れてごめんなさい!)、ご希望のかたはみなさんお急ぎくださいませな。お目にかかるのを楽しみにしています。