川上未映子

2015.09.18

歌唱、そして『たけくらべ』講演 in 山梨文学館

すっかり秋、またも秋、最近は雨で冷たいのだけれど、昨日はリハーサルに行ってきました。 せんがわジャズフェスティバル、たしか2008年にも参加しましたが、今年もチェロの坂本さんにお誘いいただいて、とてもうれしい。

 

それ以前にも金沢21世紀美術館、そしてアラーキーの個展を記念した宮本三郎記念館でのパフォーマンスと、 考えてみればこの数年にわたって数回しかしていないライブはぜんぶライブハウス以外のところで、 今回もやっぱり劇場なのだった。最後、みなさんのまえで歌ったのは3年前、ちょうど妊娠しているときだったな、もう3年なのか、まだ3年なのか、きっとどっちもなんだろうな。

 

斉藤哲也さん、千住宗臣さん、鈴木正人さん、そして坂本弘道さんという素晴らしいミュージシャンとご一緒できて、歌うことができて、リハーサルの一分一秒がなんだかひしひしとしていました。  今回は朗読と歌ということで、とても楽しみ。今はもうずっと文章を書くことばかりになっちゃったけれど、でもわたしの文章は興味なくて、歌だったら聴きにいってもええでというかたもわりにいらして、 20日は数年ぶりに楽しんでもらえるかもと思ったら、それだけで今から興奮して、そわそわしてしまう。

わたしの出演は、9月20日(日)、坂本弘道ディレクション、16:30 からの予定です。

文章を書くことも歌をうたうことも楽しいとはあまり思えないままここまで来たけど、 でも、今は歌をうたうことがとても楽しいし、楽しいと思ってよいのだという気持ちに知らないうちになっていて、それも少し不思議なのだけれど(でも、このあいだ発表した『苺ジャムから苺をひけば』と、前編の『ミス・アイスサンドイッチ』は初めて楽しんで書けて、びっくりした)、なんか、今はそういうムードのようです。

 

 前売りチケットは完売しちゃったみたいなんだけど、当日券が少しはでるはずなので(20日当日、10時より若干数販売予定だそう)どうかみなさん聴きにいらしてね。つぎいつ歌うのか自分でもよくわからないから、 一生懸命、楽しく、丁寧に歌いたいと思います。

 

そして明けて月曜日にはわたしは仕事でバルセロナへゆかねばならず、 そんななかオニが発熱したりわたしも風邪をひいたりゲラも山積してるしいったい週末は荷造りや入稿でなにがなんだかという感じでこれほんまにわたし行けるんやろかと思ってるねんけど行くしかないので行くのだろう、 バルセロナに無事に着いたらまた向こうからブログアップしたいなと思ってます。

 

***

 

そして10月に帰国してほとんどその足でこんな催しが!!!

樋口一葉『たけくらべ』を新訳した川上未映子による朗読と講演会を開催します。

2015年10月3日(土) 開場 13:00

開演 13:30 会場:山梨県立文学館 講堂

400-0065 山梨県甲府市貢川1-5-35

入場無料 定員:500名 ※要申込

055-235-8080 電話または文学館受付で直接お申し込み下さい。

詳細はこちらのPDFファイルで。