川上未映子

2014.10.15

秋ね、「すべて真夜中の恋人たち」文庫になっちゃって

 お知らせではない日記そう日記をこそわたしは書くためにブログをリニューアルしたのに、今日も今日とてお知らせがいくつかあって、なぜいつまでもこんなことになっているのだろうと思うけれど、大人が日々を生きるということは日々これ怠らず連綿と仕事をする、し続けるということでもあり、そしてお知らせは連綿のその結果、なのだから、これはこれで道理で道理、なのかもしれないのだった、ね。
 
 
 とまれ、本日、『すべて真夜中の恋人たち』の文庫本が発売されました。わーい。
 さっそく各書店でも、色々と展開くださっているみたいで、感激しております。
 あれから3年とは早いものだけれどどうぞよろしくお願いします。
 装丁は、単行本のときからひきつづき、名久井直子さんです。
 帯文には、当時、テレビ番組で爆笑問題の太田光さんが拙著についてコメントしてくださったものを、お借りしました、ぜひお手にとってくださいませ……。

 そして、今回の文庫化、この初夏にフランスで刊行されたことをあわせて記念いたしまして、
 11月19日はこちら、「フランスで読まれる川上未映子」も開催いたします。
 この機会にどうぞご参加くださいませな。
 お申し込みは、こちらから!
 
 
 『IN POCKET』10月号 にて『すべて真夜中の恋人たち』の特集が組まれておりまして、先日ご紹介しました、フランスのル・モンド紙に掲載された、インタビュー&書評の和訳が掲載されております。この機会にぜひー。
 
 
 『文藝春秋』11月号 にて、漫画家の伊藤理佐先生と対談しております。
 理佐先生の夫君はおなじく漫画家の吉田戦車さんでありまして、よく似た家庭環境つながり、そしておふたりとも育児漫画を多数刊行されていることもあり、生活や仕事のあれこれたくさんお話しました。理佐先生は、優しくて色白でとても楽しくて、あっという間の時間でした。タイトルは「子育て妻が不機嫌になるとき」です、どうぞお読みくださいませ!
 
 
 そして『きみは赤ちゃん』、みなさまにご好評いただいておりまして(ただいま7刷!)で、うれしいな。取材もまだまだ続いておりますので、またお知らせいたします。
 そして、11月末ごろには「きみは赤ちゃん」関連で、イベントを開催する予定でおります。
 詳細は追ってお知らせいたしますが、
 赤ちゃん&お子様と無料で参加いただける、もちろんお昼間の時間帯で、なにか楽しいことを考えておりますので、続報をお待ちくださいませ!たのしみしてまーす。